スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
長すぎるセンテンス。
42_1.gif

日本語の世界と同様、英語の世界においても
一文中にあまりに多くの内容が詰め込まれていると、
何を伝えたいのか不明瞭な文になってしまいます。

今回は、少し長くなりますが「たとえばこのように
リライトする方が良くなる」という例を示してあります。

読み比べていただければ、一文を二文に分けたことによって
文意がよりハッキリしたのがお判りいただけると思います。
スポンサーサイト
[2011/02/07 16:49] | 誤った英文 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ページ中の主役の部分にミスが・・・。 | ホーム | 日本企業の英語サイトにありがちなスペルミスその2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ilc389.blog92.fc2.com/tb.php/58-4db850f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。