スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
日本企業の英語サイトにありがちなスペルミス
39.jpg

会社沿革という、ページ内を占めるテキストの密度が
比較的うすく(つまり一つ一つの語が目に留まりやすい)、
しかも重要度の高いページに上のように誤りが
固まっていると、非常に目立ちます。

せっかく読みやすいようにデザインを工夫しても、
肝心の文章内容のほうに留意しなくては、
かえって自らのミスを目立たせてしまうことになります。
スポンサーサイト
[2011/02/01 16:30] | 誤った英文 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<日本企業の英語サイトにありがちなスペルミスその2 | ホーム | 品詞の統一がなされていません。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ilc389.blog92.fc2.com/tb.php/56-ed465b7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。