スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
たった一度、校正を行いさえすれば済むことなんです。
37_1.gif

日本企業の英語サイトには、英語学習者であれば
一目でわかる(つまりネイティブの目にはより酷い誤りと映る)
ようなミスが数多く見つかります。
今回取り上げたような名だたる大企業のサイトであっても、
例外ではありません。

上のように、スペースを空けるべき箇所が空いていない
というのは、ポピュラーな誤りのひとつです。
しかし英訳を担当した翻訳会社が、
同一ページにこれほどごく初歩的なミスを多発させる
ということは、まずあり得ません。

おそらく、英語についての知識をもたない
日本人によってサイトの制作が行われた
と思われます。

つまり日本語と同じ感覚、
「スペースを空けても空けなくても大した問題ではない」
というのりで作業してしまった
ために、
上のような誤りが発生したのではないでしょうか。

そしてそれがそのまま放置されているということは、
サイトの公開後、いちども校正が入っていないということです。
世界に向けて掲げている自社の看板とも言える
英語サイトの文章が、そのような状態でよいものでしょうか。
スポンサーサイト
[2011/01/14 11:42] | 誤った英文 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<スペースの空け忘れその2。 | ホーム | 日本企業の海外進出と英語版サイト>>
コメント
はじめまして。

イギリス在住ですが、この数年どこでもスペル・文法のミスをちょくちょく見かけるようになりました。「ネイティブのくせに!」と思います。学力低下のせいか、スペルチェックを怠っているのか、情けない状態です。

メールなどの私的な文書なら許せますけれど、企業や役所などの文書で見かけると悲しくなります。英文校正すれば恥かかずに済むのに。
[2011/01/14 19:05] URL | AT #- [ 編集 ]
ありがとうございます。
AT様

はじめまして。
コメントありがとうございます。

今どき公式ウェブサイトなり文書なりの英文をきちんと校正しないというのは、どう考えても企業自身にとって不利だと思うのですけどね・・・。

私もこのブログを始めてから実感しているのですが、とくに日本企業の英語サイトの英文には、恥ずかしい誤りが多いようです。

共感のコメントをいただき、とても嬉しいです。
よろしければ、今後もぜひお読みいただければ幸いです。
[2011/01/17 18:21] URL | 管理人 #L.fyq.TE [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ilc389.blog92.fc2.com/tb.php/52-cb4b268b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。