スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
肝心かなめの「企業理念」の部分にスペルミスが。
01.gif


企業にとってアピールのしどころである、"Business Philosophy" のページ。
ところが本文中、よく見ると “through”“u” が抜けて “throgh” となっています。

せっかく簡潔な言葉で、力づよく企業理念を述べようとしている一方で
このような初歩的な誤りを犯しているのは、大変恥ずかしいことなのですが・・・

なぜか日本企業の英語版サイトでは、スペルミスや様式の不統一などを
なおざりにしたまま放置してしまっていることが多い
ようです。

恐らくは気づいていないか、重要視していないのでしょう。
似たようなことが日本語サイトで起こっていたらそれこそ顔から火が出るように感じ、
即刻修正するに違いないのに、です。

アルファベットが一文字欠けていたりスペースが空いていなかったりといったミスは、
翻訳の段階で起こることも当然あり得ますが、じつはサイト制作の段階においても
頻発します。


これは文章の翻訳のみを翻訳会社に依頼し、あがってきた英文を、
英語の解らないウェブサイト制作者がそのまま流し込んで見た目の印象のみを頼りに
てきとうに整えてはい完成、とやってしまった時に起こるのです。
作業の過程で、ついうっかり一文字削除してしまっていても気づかない
というケースも勿論あります。

英語および英語版ウェブサイト作成上のルールに精通した監修者による
しっかりとした校正
が入れば、そのようなミスを防ぐことができます。





スポンサーサイト
[2010/09/27 15:37] | スペルミス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<こんな誤りも堂々と放置されています。 | ホーム | 言いたいことはわかるのですが・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ilc389.blog92.fc2.com/tb.php/4-86f69152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。