スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ページ中の主役の部分にミスが・・・。
25_1_revised.jpg

25_2_syuussei.jpg

企業理念などの重要なコピーが配されることが多く、
ページ中でもっとも目を引く画像部分に
このようなミスがあると、とても目立ちます。

お店の看板のコピーに誤記があるようなものです。
日本語版サイトのおなじ部分に似たようながミスが
あったとしたら、もちろん、即修正しようとするはずです。
それとも公開前、入念なチェックをするときに
見つけているかも知れません。

世界においては日本語よりも英語を読める人口のほうが
圧倒的に多い
のにもかかわらず、
むしろ英語版サイトの方にあまり校正の労をかけないというのは、
おかしいのではないでしょうか。
スポンサーサイト
[2011/02/07 17:21] | 誤った英文 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
長すぎるセンテンス。
42_1.gif

日本語の世界と同様、英語の世界においても
一文中にあまりに多くの内容が詰め込まれていると、
何を伝えたいのか不明瞭な文になってしまいます。

今回は、少し長くなりますが「たとえばこのように
リライトする方が良くなる」という例を示してあります。

読み比べていただければ、一文を二文に分けたことによって
文意がよりハッキリしたのがお判りいただけると思います。
[2011/02/07 16:49] | 誤った英文 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日本企業の英語サイトにありがちなスペルミスその2
41_1.gif


英文においてスペルを間違えるということは
日本文において漢字を間違えるのと同じように
恥ずかしい、文章上の誤りです。

しかも上の例などは会社沿革のページで、
自社名を二箇所も間違えています。


当たり前のことですが、
日本語ページの文章にいくら気を使っても、
英語ページの文章のクオリティとは無関係です。

これも当然のことながら、
英語圏の顧客は英語サイトのみを見て、
その企業を判断します。


上の状態のままでは、
「この企業は英語サイトにあまり手間をかけていない
=海外展開に本気でないのだな」、
と思われても致し方ないと思います。



[2011/02/04 16:26] | 誤った英文 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日本企業の英語サイトにありがちなスペルミス
39.jpg

会社沿革という、ページ内を占めるテキストの密度が
比較的うすく(つまり一つ一つの語が目に留まりやすい)、
しかも重要度の高いページに上のように誤りが
固まっていると、非常に目立ちます。

せっかく読みやすいようにデザインを工夫しても、
肝心の文章内容のほうに留意しなくては、
かえって自らのミスを目立たせてしまうことになります。
[2011/02/01 16:30] | 誤った英文 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。