スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
日本企業の英語サイトでよく見られる誤り
44_teijin
スポンサーサイト
[2013/02/27 14:57] | 特にひどい誤り | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
あの有名企業の英語サイトにも沢山のひどい誤りが
r4_1_1.jpg
r4_1_2.jpg
r4_2_1.gif
r4_2_2.jpg
r4_3_1_2.jpg
r4_3_2.gif
r4_3_3.gif


以上、御覧いただいたように、日本屈指の有名企業の英語版ウェブサイトであるにも関わらず、あまりにもお粗末な誤りが頻出しています。しかも上に挙げている例は、ほんの一部にすぎません。入念にチェックを行えば、同様の誤りが次々に見つかる可能性はかなり高いと思います。このままの状態では、世界市場に向けて自社をアピールするどころか、イメージダウンに繋がっていると言わざるを得ません。どんなにサイトデザインの方に力を入れていても、肝心の英文は適当に作っているのが見え見えだからです。

おそらくこのサイトの英文は、プロが作っていません。数多くの日本企業の英語サイトをチェックしてきた弊社の経験から、理由は推測できます。コスト削減のため、あるいは英語サイト制作に対する意識の低さのために、「会社内で一番英語ができると思われている人」に英訳を一任してしまっていたり、サイト構築のオペレーターも、英語のできない人であったりすることがほとんどです。さらにはプロジェクトの管理責任者も英語ができないので、「だいたい理解できる状態であればよい」という程度の審査基準で制作された可能性があります。

正直な話、そのような人々は、上に指摘した誤りの数々を見ても、何も感じないでしょう。「別に大したことじゃないじゃないか」とすら思うかも知れません。「うわ、これは実に恥ずかしい幼稚なミスだ。今のうちにすぐさま修正しなければ」と感じられないのなら、実務レベルで通用する英語の実力がなく、問題意識にも欠けているということです。また同じ誤りを平気で繰り返すことでしょう。

事実、以上のようなことを再三企業側の担当者に説明しても、ほとんど解っていただけないというのが実情です。ただでさえ今回の災害によって日本企業および日本製品の信頼が揺らぎつつあるにも関わらず、本当にこのままでよいのでしょうか。これからは、日本企業が英語で世界に情報を発信するということについて、責任意識および実務体制の根本的な変革が求められるのだと思います。
[2011/06/15 17:01] | 特にひどい誤り | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
大切なページにこれだけの誤りが。
32.jpg

上のページは、同企業の日本語版サイトにおける
「ごあいさつ」に相当するページです。

仮に日本語ページに上のような文章上・記号上の
誤りがあれば、そのまま放置しておかれるはずがありません。

どうしてこのような事が起こってしまうのでしょうか?
それは英文中の誤りを見つける能力、さらにはそれらが
どれほど酷く、恥ずかしいものかを判断する能力が、
英語サイトを運営している日本企業に欠けている
からです。

分からないから気がつかず、また気づいたとしても
平気で見過ごしてしまえるのです。

自社の英語版サイトに載っている英文の質について
あまりにも無頓着な日本企業が多いのは、ほんとうに残念でなりません。
[2010/12/02 18:12] | 特にひどい誤り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
トップページに初歩的な誤りが多数。
31_1.jpg

英語の世界における単語のスペルミスは、
日本語で言うなら漢字の書き取りを間違えるのと同じです。


その他のミスもふくめれば、
トップページのおなじセクションに
4つの初歩的な誤りが固まってしまっています。

それがどれほど恥ずかしいことかは、
上の日本語の世界での例えをご考慮いただければ
お分かりかと思います。

旅行会社といえば、他のどの日本企業よりも
外国人に英語サイトを読んで欲しい、と考えているはずです。
そういう企業の英語サイトのトップページがこのような状態で
よいはずがありません。

今すぐにでもサイト全体の英文を再点検し、
しかるべき修正を加えるべきです。

[2010/11/25 18:14] | 特にひどい誤り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。